2022年01月18日

日本に生息する未確認動物(UMA)とは

モンゴリアン・デス・ワームの話し

この21世紀の世の中になっても何やら不可解な出来事は次々と出てくるようである。

さてさて、モンゴリアン・デス・ワーム(Mongolian Death Worm)という巨大なミミズにも似た未確認動物(UMA)がゴビ砂漠周辺に生息しているという話しをご存じであろうか。

耳慣れない名称であるが、たとえばモンゴリアン・デス・ワームを題材にしたパニック映画としては、地中から人や動物を襲ってくる巨大ミミズのような怪物が出現する『トレマーズ』がよく知られている。

いわゆる危険生物なのだ。

一体、このモンゴリアン・デス・ワームとはどのような生き物なのであろうか。

モンゴリアン・デス・ワームについてはウィキペティアにも一部記述があって、それには「体長は約50cmで、成虫は1.5mにも達する。体重は約9kg、体色は暗い赤色をしていると言われているが、発光するデス・ワームの目撃談も存在する。通常は地中に掘った穴の中に潜んでいるが、ゴビ砂漠に雨季が訪れる6月から7月にかけて地上に現れ、出現時に周辺のクモやヘビは姿を消すといわれている。

デス・ワームはGoyoという毒性の植物の周囲を好み、Goyoの毒の成分を体内に取り込んでいる。
獲物を見つけたデス・ワームは両端を跳ね上げるような仕草を見せて相手を威嚇したあと、飛びかかって毒液を吹きかける。致死性の毒液は蒸気状で黄色く、触れると酸に触れたような痛みを感じるが、7月を過ぎると毒性は大きく低下する。また、離れた相手に電撃のような刺激を与えると言われているが、動物学者イワン・マッカールはこの特性を噂話が誇張されたものだと疑問視している
」と紹介されている。

スネークという表現がされておらず、あえてワームというところからみれば、これは未確認の巨大ミミズということなのであろうか?

ゴビ砂漠周辺ではこのモンゴリアン・デス・ワームの目撃例はこれまで数多く報告されてきていたが、動きが俊敏なうえ特異な危険生物と云うこともあってこれまで捕獲例がないとされている。

情報自体が少ないということでもあろう。

そのため学者の間ではその存在は疑問視されているようで、架空の生物というよりは他のトカゲなどの爬虫類や巨大ミミズ、あるいはスナボアといった蛇ではないかと推測されているようである。

しかしながら不可解な目撃例は絶えないということである。

ゴビ砂漠のような広大な土地に生息しているのであれば、探索して捕獲するのは難しいことなのかも知れないが、そうした情報がある以上その存在自体はいまだに否定できないものがあるようにも思える。

日本でもつい最近まで未確認動物の「ツチノコ」も捕獲確認が出来ないまま目撃騒ぎが続いていた。

実は未確認動物のツチノコやモンゴリアン・デス・ワームに類似した生物というのは、江戸期の「和漢三才絵図」にもちゃんと記述がある。

すでにこの時代にはツチノコやモンゴリアン・デス・ワームに類似た生物は認知されていたと云うことになる。

日本国内においては、それらは「野槌(ノズチ)」と総称して呼ばれていた。

これもウィキペディアの記述によると、「外見は蛇のようだが、胴は太く、頭部に口がある以外は目も鼻もなく、ちょうど柄のない槌(つち)のような形をしている。深山に棲み子ウサギやリスを食べる。時には人を喰うとされた。近畿地方・中部地方・北陸地方・四国地方を中心に伝承されているもので、シカを一飲みにする、転がってくる野槌に当たると死ぬ、野槌に見つけられただけでも病気を患ったり、高熱を発して死ぬともいう。昭和中期から未確認生物として知名度をたかめたツチノコは、野槌に用いられていた呼称のひとつ(槌の子・土の子)だったが、昭和40年代以降はマスメディアなどで多用された結果、野槌のような伝承上の特徴をもつ蛇の呼称も「ツチノコ」が定着していった。
SekienNodzuchi

江戸時代の百科事典『和漢三才図会』には、大和国(現・奈良県)吉野山中の菜摘川(夏実川)や清明滝(蜻螟滝)でよく見かけるもので、野槌の名は槌に似ていることが由来とある。深山の木の穴に住み、大きいものでは体長3尺(約90センチメートル)、直径5寸(約15センチメートル)、人を見ると坂を転がり下って人の足に噛みつくが、坂を登るのは遅いので、出くわしたときには高いところへ逃げると良いという」というように興味深い記述がある。

これだと何となく蛇に似た爬虫類という感じである。

しかもここで比較してみると、モンゴリアン・デス・ワーム、ツチノコ、野槌とそれぞれ似通った部分があることが分かる。

特にモンゴリアン・デス・ワームと野槌は非常にその生態が似通っているように思える。

ゴビ砂漠に生息するモンゴリアン・デス・ワームは、遠く離れた島国日本にもいつの間にか生存して居て、昔から野槌として知られていたということになるのであろうか?

ここまで書いてきて本当に野槌が日本の山野に居るのかと疑念を持たれる方は少なくないであろうと思う。

ブログにいい加減な法螺話を書きやがってと思われる向きもあるであろうと思うのだが、ここは当たり前のことを書いていても面白みはないことは百も承知である。

面白い展開があったからこそ今回はモンゴリアン・デス・ワームと野槌に触れてみたのだ。

実は数年前にこの野槌らしきものに遭遇したという九州地方のネット記事を偶然目にして驚いた。

目撃記事を読んで、これはまさしく野槌そのものではないか、いやこれははるか遠くの大陸のモンゴリアン・デス・ワーム情報にも繋がるのではないかと思った。

それがこの記事である。(2019年12月10日 11時00分


https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1651743/






kanemasa2


テレワーク現場のストレスと5G時代に対応した電磁波環境汚染防御製品(日本製)の紹介
denden3商品詳細
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、壁に貼るだけ、傍に置いておくだけ!(室内・車両内電磁波汚染に対応)
電磁波過敏(EHS)対策・5G電磁波攻撃防御製品[電磁番AZ]denjiban-1301 (送料無料)
あなたの気になるその不快感は、電磁波ノイズ汚染が隠れた原因なのかもしれません!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すぐ赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛みがある、外部から執拗に不快な電磁波、音波攻撃がある・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズ( エレクトロスモッグ)による汚染が関係しています。
反射錯乱する電磁波汚染は物理的な遮断という手立てだけでは防御出来ないのです?!

準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏(EHS)、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を数多く頂いております。
平和大国日本にこそ必要な電磁波汚染対応の家庭用自己防衛グッズです。
(注・ただし現在日本国内では電磁波過敏(EHS)などの電磁波汚染は公には認知されておらず、社会通念上一切存在しないことになっています!)
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電し無害化します。
★日本国内の電磁波環境に対応した日本製品です。不快な電磁波ノイズ汚染の中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。
(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能いただけます。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を改善し電磁波レベルで整え防御します。(詳しい取り扱い説明書を添付しております)
★製品仕様サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約80g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートで警報が誤作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。

tima
取り扱いの詳細は
外部サイトリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏(EHS)について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
WHO世界保健機構「ファクト文書・電磁過敏」
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
ハバナ症候群と米国大使館電磁波被曝事件
迫り来る次世代5Gの脅威とは
電磁番AZのセット価格案内


jyou



「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

keiraku21 

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

憑依3
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「歴史探偵団㊙情報」五十三話

coverz223

「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる

tosenbo












seikotu23 at 07:27|PermalinkComments(0)歴史探求 | ミステリー